Home > NEWS

機械学習でコンピューターが音楽を理解することが容易ではない理由|GIGAZINE

音が集まり、音楽になっていきます。 この音楽と機械学習の関係を考えることで 「音楽」と評価との関係も考えさせられる 面白い記事をご紹介します。 作曲家とAI研究者という2つの顔を持つ パトリック・ハッチンソン氏の分析記事。 特に意味をもたない一つの音が 集まることで「音楽」となり、人の感情を 揺さぶるものになります。 文字が集まって言葉になる様子にも似ていますが、 機械学習システムにおいて、 音楽と言葉の違いについて言及しています。 また、音楽を機械学習に取り込むときにデータ化する ことによって失われるものについても言及。 何をもって「良い音楽」「悪い音楽」と 判断するのか、機械学習で得られた「良い音楽」は 本当に私たちにとって「良い音楽」なのか。 人工知能を考える上でも興味深い記事となっています。 詳しくはリンク記事でご確認ください。 音楽は、目には見えない音を使って何かを表現するという主観的な要素を持つと同時に、楽譜という記号を使って構築することが可能な幾何学的・数学的な要素を併せ持つ芸術です。進化が著しい機械学習を使うことで 情報源: 機械学習でコンピューターが音楽を理解することが容易ではない理由

Read More

肺の健康を守るには口の健康から~歯周病の進行が呼吸機能検査による一秒量の急速低下に関与~ | 日本の研究.com

歯周病が様々な疾患と関係があるという 研究結果が次々に発表されています。 また、被災した場合などに重要なこととして、 誤嚥性肺炎などに罹患しないように、 口の中を清潔に保つ必要性についても 取り上げられることが増えています。 覚えてください、防災にオーラルケア|サンスター http://jp.sunstar.com/bousai/top.html 九州大学の研究グループは、 歯周病とCOPDの関係性について研究。 COPD(ChronicObstructive Pulmonary Disease)とは、 慢性閉塞性肺疾患と呼ばれる、 これまで慢性気管支炎や肺気腫と呼ばれてきた病気の総称です。 体を動かしたときの息切れや、咳やたんなどの症状があり、 40歳以上の人口の8.6%、約530万人の患者が 存在すると推定されている疾患でもあります。 呼吸器の病気|慢性閉塞性肺疾患|一般社団法人日本呼吸器学会 http://www.jrs.or.jp/modules/citizen/index.php?content_id=12 福岡県久山町の 40 歳以上成人 1,650 名の 追跡調査データを分析し、呼吸機能検査による 一秒量の急速低下との関連を検討したそうです。 その結果、わかったこととは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 情報源: 【プレスリリース】肺の健康を守るには口の健康から~歯周病の進行が呼吸機能検査による一秒量の急速低下に関与~ | 日本の研究.com

Read More

加熱したハチミツの免疫賦活作用を発見 名古屋市立大学など | 大学ジャーナルオンライン

ミツバチが採集した花の蜜を巣の中で 加工、貯蔵することでできるハチミツ。 ブドウ糖と果糖を含み、甘さを生かして 料理やお菓子などにも利用されます。 名古屋市立大学、北京大学、 自然科学研究機構、富山大学との共同研究グループは、 ハチミツを利用して加熱加工する意義に着目。 ハチミツを加熱しない場合と、 最適な温度、時間で加熱処理した場合とで、 どのような違いがあるかを検証したそうです。 加熱することでどのような成分が生じたでしょうか。 また、マウスに加熱加工したハチミツを 1日1回経口投与しながら飼育し、 2日目の投与直後に化膿レンサ球菌を マウスの皮下に接種したそうです。 その結果、どのようなことがわかったでしょうか。 詳しくはリンク記事でご確認ください。   名古屋市立大学の研究グループは、北京大学、自然科学研究機構、富山大学との共同研究で、ハチミツを至適な温度、時間で加熱処理すると、免疫力を高める作用を持つ顆粒性コロニー刺激因子(G-CSF)の産生誘導作用を持つ物質が生じることを発見した。 情報源: 加熱したハチミツの免疫賦活作用を発見 名古屋市立大学など | 大学ジャーナルオンライン

Read More

京大、赤ちゃんが「公平性」を判断する基準に新発見 | リセマム

赤ちゃんは、公平感に対して高い感受性を 持つことがこれまでの研究で示されているのだそう。 例えば、物を2人に分配するときに、 公平に分配されることを期待しているのだとか。 今回ご紹介する研究は、 京都大学大学院文学研究科と イタリアのトレントン大学、 スウェーデンのエーテボリ大学らの グループと合同行われた実験研究の結果です。 その実験とは、 ・黄色い三角形がオレンジ色の円を助けてあげる場面 ・青い四角形がオレンジ色の円の邪魔をする場面 の2つの場面を見せたあと、それぞれの図形が イチゴをほかの図形に分配する場面を見せたそう。 そのときに、それぞれに公平に分配したり、 不公平に分配する場面を見せたのだそうです。 赤ちゃんが長く見ていた場面は、どちらの図形が どのように分配するシーンだったでしょうか? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 なお、京都大学の研究成果記事も併せてご紹介しておきます。 赤ちゃんは、善悪の振る舞いをもとに、公平性を判断することが見出されました|研究成果|京都大学(2018年9月19日発表) http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2018/180907_2.html   京都大学は2018年9月19日、赤ちゃんは善悪の振る舞いをもとに公平性を判断することが見出されたという研究結果を発表した。 情報源: 京大、赤ちゃんが「公平性」を判断する基準に新発見 | リセマム

Read More

人間の「性格」は4つのクラスタに分類できるとの研究結果|GIGAZINE

人間の個性や性格、つまりパーソナリティに関する 研究が盛んに行われています。 そのパーソナリティの特徴を大まかに説明ができるとする 「ビッグ・ファイブ(特性5因子モデル)」 と呼ばれる分類方法があります。 ビッグ・ファイブで行われる分類は、 「Neuroticism(神経質)」 「Extraversion(外向性)」 「Openness to Experience(開放的)」 「Agreeableness(調和性)」 「Conscentiousness(勤勉さ)」 という5つ。 今回ご紹介する研究は、ノースウェスタン大学の マーティン・ガーラック氏らの研究チームが、 150万人という大量の被験者から収集された、 人の「性格」を診断するための実験データを基に、 機械学習アルゴリズムを使って分類。 その結果、人間の特徴はビッグ・ファイブの 5つの特性をそれぞれ組み合わせた、 4通りのクラスタに分類できることがわかったとのこと。 その4通りのクラスタとは? そして、そのクラスタが意味することとは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 人間の性格は多種多様ですが、その中に「顕著な4つのクラスタがある」という研究結果が発表されました。これまでの大量の研究データを機械学習によって分析することで、新たな性格分類の方法が見つかったようで 情報源: 人間の「性格」は4つのクラスタに分類できるとの研究結果

Read More

持続する悲観的な意思決定の源となる神経メカニズムを解明 ―不安が頭から離れない原因とは?― | 日本の研究.com

行動に大きな影響を与える情動の情報処理。 不安、気分、意欲、あるいは、好き嫌いなどの 価値判断は、脳の中にある神経回路で計算されますが、 こうした情報処理は大きな回路が形成されて 処理されていることが先行研究でわかっているそうです。 京都大学白眉センター・霊長類研究所と 米国マサチューセッツ工科大学の研究グループは、 先行研究として、マカクザルのある部位を 微小電気によって刺激することで、 罰の過大評価が起こることを見つけたそうです。 そこで、持続的で悲観的な価値判断を引き起こす 脳の部位はどこなのかを探るため、 マカクザルに葛藤を伴う価値判断を必要とする 課題を行い、尾状核という部分に微小な電気で刺激して、 局所神経回路の機能を調べたそうです。 ちなみに、尾状核は脳の中心付近に存在する部分で、 学習と記憶、特にフィードバック処理に 強く関わっている部位だそうです。 尾状核|Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/尾状核 その結果、「ネガティブ」な反応を示す回路の刺激では、 罰に対する過大評価が引き起こされて、 悲観的な状態が持続することが明らかになったそうです。 この「ネガティブ」回路とは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 情報源: 【プレスリリース】持続する悲観的な意思決定の源となる神経メカニズムを解明 ―不安が頭から離れない原因とは?― | 日本の研究.com

Read More

人間関係の流動性の原因と心理への影響を解明、北海道大学などが39ヵ国比較調査 | 大学ジャーナルオンライン

「関係流動性」とは、それぞれの社会における 対人関係の選択の自由度のこと。 例えば、「関係流動性」が高ければ、 見知らぬ人との出会いの機会が多くなり、 その中で対人関係を自由に選んだり、 選び替えたりすることが比較的容易になります。 反対に、「関係流動性」の低い社会では、 同じ人たちとの付き合いが長くなり、 同じ集団への所属が長くなり、 対人関係を変更することが比較的困難とされます。 北海道大学の結城雅樹教授らの研究グループは、 世界18ヵ国の研究者27名と共同で、 「関係流動性」が高い社会と低い社会の違いについて、 その歴史的原因と、その原因が 人々の心理や行動に与える影響を 明らかにしたそうです。 調査方法は、Facebookの広告を用いて、 世界39ヵ国・地域の一般市民16,939名を対象とに 心理学調査を実施したそうです。 「関係流動性」が高い地域や低い地域は、 どのあたりのなるでしょうか。 また、それぞれの地域における対人関係の特徴とは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 また、北海道大学のプレスリリースにも詳細が記載されていますので、 併せてご紹介します。 日本がどんな位置付けにあるかも確認できます。 環境の厳しさと食料生産手段が人間関係の自由度を左右する ~39 ヵ国比較調査により人間関係の流動性の原因と人の心理への影響を解明~ |ニュースリリース|北海道大学 https://www.hokudai.ac.jp/news/180702_pr2.pdf   北海道大学の結城雅樹教授らの研究グループは、世界18ヵ国の研究者27名と共同で、「関係流動性(人間関係の選択の自由度)」が高い社会と低い社会の違いをもたらす歴史的原因と、その原因が人々の心理や行動に与える影響を明らかにした。  情報源: 人間関係の流動性の原因と心理への影響を解明、北海道大学などが39ヵ国比較調査 | 大学ジャーナルオンライン

Read More

赤ちゃんが生まれてすぐに呼吸できるようになる理由|GIGAZINE

赤ちゃんは、お母さんのお腹から生まれた瞬間から 「呼吸」を始めます。 なぜ、すぐに呼吸を行うことができるのかを ニューロンに着目して解きあかそうとする 研究をご紹介します。 呼吸は、多種多様なニューロンを含んだ 複雑な生物学的機能だそうですが、 血液中の酸素および二酸化炭素レベルを感知したり、 筋肉の動きを制御したりと、様々な役割を担っています。 ベイラー医科大学のHuda Zoghbi氏が率いる研究チームは、 後脳内で呼吸を制御する2つのニューロンを発見したそう。 この2つのニューロンはどのような役割を担っているでしょうか。 さらに、この研究チームは呼吸の制御に深く関わる 調節遺伝子を発見したそうです。 その調節遺伝子の役割とは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 by Filip Mroz 「呼吸」は人間の生命活動にとって欠かせないものですが、生まれた頃から無意識のうちに行っていることであるため、とても簡単なものであると思ってしまいます。しかし、実際のとこ 情報源: 赤ちゃんが生まれてすぐに呼吸できるようになる理由

Read More

「鏡の中の自分」がわかる魚を初確認、大阪市大|NATIONAL GEOGRAPHIC

鏡に映る自分の姿に動物がどのような反応を示すのか ということを調べる研究を、以前アンドラでも ご紹介しました。 【動画】アマゾンの動物が鏡を見たらどうなる?|NATIONAL GEOGRAPHIC|アンドラ http://andla.jp/wp/?p=7174 今回ご紹介する研究は、 大阪市立大学の幸田正典教授らの研究で、 白地に黒帯の特徴的な体色と、 他の魚を「掃除」する行動が知られる ホンソメワケベラという魚を使った実験です。 ホンソメワケベラ|Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/ホンソメワケベラ 野生で捕獲した10匹のホンソメワケベラを、 鏡のある水槽に1匹ずつ入れて観察してみると、 最初は自分の姿をほかのホンソメワケベラだと 思っていたようですが、途中からその行動は 変化していったそうです。 その行動の変化とは? また、この研究結果に対して、 ほかの研究者からの意見も掲載されています。 自己認識能力があるのか、ないのか。 詳しくはリンク記事でご確認ください。 なお、この研究室の様子を詳しく紹介した 記事もあわせてご紹介します。 【研究】魚はどこまで人間に近づくのか☆大阪市大の研究グループがみつけた「魚の顔認知」能力|キワメテ!水族館 http://aquawz.com/archives/kaoninshiki 人間のほかチンパンジーやイルカなど、ごく限られた種だけしかできない「ミラーテスト」に、魚類で初めてホンソメワケベラが合格したことが明らかになった。 情報源: 「鏡の中の自分」がわかる魚を初確認、大阪市大

Read More

「イグノーベル賞」で日本人が12年連続受賞の栄誉に輝く|GIGAZINE

イグノーベル賞は、1991年に創設された 「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」 に対して与えられるノーベル賞のパロディーといった表彰ですが、 その主旨のとおりに、思わずクスリと笑ってしまうけれども どこか考えさせられるアイデアにあふれています。 ノーベル賞さながらに、 「医学賞」「生物学賞」「化学賞」 「文学賞」「平和賞」といった各賞のほかに、 本家ノーベル賞には無い部門も随時追加されて 発表されます。 なんとこれまでに11年連続で日本人が受賞しています。 イグノーベル賞日本人受賞者の一覧|Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/イグノーベル賞日本人受賞者の一覧 そして、今年も日本人の研究が受賞しました! 栄えあるイグノーベル「医学教育賞」を受賞したのが、 長野県駒ヶ根市にある、昭和伊南総合病院 内科診療部長・消化器病センター長 堀内 朗 先生です。 堀内先生の研究テーマは、 「大腸内視鏡検査」。 さて、どのような研究でしょうか。 詳しくはリンク記事でご確認ください。 また、毎年受賞を予測している日本科学未来館の ホームページの記事もあわせてご紹介します。 祝・12年連続日本人受賞!2018年イグノーベル賞 速報!|科学コミュニケーターブログ|日本科学未来館 http://blog.miraikan.jst.go.jp/topics/201809142018-10.html 1991年にアメリカの科学雑誌により創設されたイグノーベル賞は、「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」を対象にしたノーベル賞のパロディです。歴代の受賞研究は「何を思ってこんな研究をしたのか? 情報源: おバカな研究に贈られる「イグノーベル賞」で日本人が12年連続受賞の栄誉に輝く

Read More
error: Content is protected !!