Home > NEWS

肥満が発がんを促進する原因の一端を解明 ~がん予防的治療薬の開発に期待~ | 日本の研究.com

肥満は健康によくないというのは、 毎年受ける健康診断の結果をみてもわかりますし、 内臓脂肪の影響で不調になったり、 関節などにも痛みが出たりと、 実体験として不調に悩んでいる方も多いかもしれません。 しかし、さらに深刻な問題が。 肥満ががんの発生を亢進することは 統計学的に示されているらしいのですが、 それはなぜなのでしょうか。 北海道大学遺伝子病制御研究所の藤田教授らの研究グループは, 肥満が発がんを促進する原因の一端を 独自に樹立したマウスモデルシステムを用いて, 解明することに成功したのだそう。 その原因とは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 情報源: 【プレスリリース】肥満が発がんを促進する原因の一端を解明 ~がん予防的治療薬の開発に期待~ | 日本の研究.com

Read More

空腹には慢性的な痛みを抑える効果があると研究者が指摘|GIGAZINE

久しぶりに激しい運動をして、筋肉が炎症を起こし、 移動するのも辛いくらいに痛みを感じることがあります。 駅の階段すら重労働に思える時があります。 また、ケガをした時にも治るまで過程でも、 慢性的な痛みを伴うことがあります。 でも、この痛みは空腹だと感じなくなる。 実験でそのことを確かめた研究をご紹介します。 ペンシルバニア大学のアンバー・アルハデフ氏らによると、 空腹時であれば、ケガや炎症などによる 慢性的な痛みを感じなくなることが、 マウスの実験で示されたのだそうです。 やはり生きるために最も必要なことが 優先するのでしょうか。 詳しくはリンク記事でご確認ください。 激しい運動により筋肉の炎症を起こした時やケガをした時など、完治するまでの間、慢性的な痛みを伴うことがあります。通常、このような痛みを抱えているときは、痛み止めの薬を飲んだり、湿布を貼ったりして、痛 情報源: 空腹には慢性的な痛みを抑える効果があると研究者が指摘

Read More

鰹だしが抗がん剤の副作用予防に有効であることを明らかに | 日本の研究.com

抗がん剤の副作用には、さまざまなものがあり、 その現れ方も症状の重さも個人差があると思います。 今回ご紹介する研究ではその副作用のひとつである 「手足症候群」を取り上げています。 「手足症候群」は、手足や指先、足底等の四肢末端部に、 痺れ、皮膚知覚過敏、ヒリヒリ感・チクチク感、 発赤、色素沈着、腫脹等の症状が現れるそうですが、 この症状がなんと「鰹だし」の成分により 緩和される可能性が明らかになりました。 新潟大学大学院医歯学総合研究科の上村助教、寺井教授らは、 肝臓がんの治療に使用される抗がん剤の副作用である 手足症候群に対して、日本古来の食品である 鰹だしが有効であることを明らかにしたそう。 その成分とは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 和食の可能性がまた広がる予感です。 情報源: 【プレスリリース】鰹だしが抗がん剤の副作用予防に有効であることを明らかにしました -分子標的薬による手足症候群の予防、症状軽減に日本古来の食品が有効であることを証明- | 日本の研究.com

Read More

「性格は気候に影響される」という研究結果が、本当に意味すること|WIRED.jp

同じ場所で育っても色々な性格の人がいる。 ということは大前提として、 その地域の天候がそこで暮らしている人の性格に 特徴をもたらすということは、 しばしば話題になります。 今回ご紹介する記事は、こうした天候と性格の関係性を 様々な研究結果から考察した、いわば読み物です。 例えば、2つの調査結果から考察があります。 北京大学で行われた、中国の大学生5,587名に対する調査。 そして、166万638名のアメリカ人に実施された調査。 さらに、実験の調査対象の出身地である 59の都市の気象データも収集し、 米国の参加者の出身地については、 郵便番号別に12,499地点の気象データを収集。 これらの集まったデータを、年齢やジェンダー、 1人あたりGDP、湿度や風速といった ほかの要因と照らし合わせた結果を検証しています。 ケンブリッジ大学のジェーソン・レントフロウ氏の 米国48州の計150万人を対象とした調査の結果、 似た性格をもつ人が地理的に密集している という観察ができたと報告から見えてくるもの。 そして、温暖化が進む未来に起こることの推測。 未来の気温上昇(現在も上昇の最中にありますが)で、 どのような変化がもたらされるのか。 詳しくはリンク記事でご確認ください。   2017年に発表された「性格は気候に影響される」という調査結果。しばしば「温暖化で性格が変わるかもしれない」という見出しとともに伝えられたこの研究が、本当に意味するところとは? 情報源: 「性格は気候に影響される」という研究結果が、本当に意味すること|WIRED.jp

Read More

ほ乳類の体内時計を調節する薬を発見!〜マウスの時差ぼけ軽減にも有効〜 | 日本の研究.com

飛行機での移動での時差ボケは、 その症状に人により違いはあるとしても、 体のリズムが狂ってしまい、 なんとなく体調が思わしくなかったり、 やたらに眠かったり、逆に眠れなかったりと、 長距離移動のリスクでもあります。 このとてもしんどい時差ボケを、 現在すでに存在する「薬」で改善できないか。 そんな研究をご紹介します。 名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所(ITbM)の 研究グループは、基礎生物学研究所、 京都府立医科大学、近畿大学医学部との共同研究で、 既存の薬を使ったドラッリポジショニング (drug repositioning:既存薬再開発) のアプローチから、ヒトの細胞に存在する 体内時を早く動かしたり、ゆっくり動かしたりする 効果がある薬を発見することに成功したそう。 新薬を開発するのではなく、既存の薬の中から 時差ボケを緩和する効果のあるものを 見つけ出す、ドラッリポジショニングで 開発を行うというのがポイント。 既存の薬からどうやって発見したのか、 また、その薬の一つをマウスのエサに 混ぜて食べさせてみた結果とは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 今回の実験結果ではマウスの効果はありましたが、 今後はヒトに効果があるかどうかの 検証が待たれます。 情報源: 【プレスリリース】ほ乳類の体内時計を調節する薬を発見!〜マウスの時差ぼけ軽減にも有効〜 | 日本の研究.com

Read More

天王星はおならのような臭いがすることが明らかに|Gigazine

太陽系の惑星を太陽から順番に言うと、 太陽、水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星。 昔は冥王星もこの並びの中にありましたが、 準惑星となったので、今はこの並びにはありません。 さて、今回はその冥王星の話ではなく、 太陽系の7番目の惑星である「天王星」の話題です。 天王星はボイジャー2号などの画像からイメージすると、 青白い惑星です。 軸が横倒しになっていて、なぜ横倒しかは解明されていない という不思議な惑星です。 天王星|宇宙情報センター(JAXA) http://spaceinfo.jaxa.jp/ja/uranus.html 天王星|ボクら宇宙科学が大好きウチューンズ(JAXA) http://www.kids.isas.jaxa.jp/zukan/solarsystem/uranus.html この天王星、上記のJAXAのリンクにも書かれていますが、 ガスの層がある惑星なのですが、 オックスフォード大学のパトリック・アーウィン教授によって この天王星の雲に硫化水素が含まれているのが 確認されたと発表されました。 硫化水素、そう、あの硫黄の臭いです。 ということで、記事のタイトルが「おならのにおい」。 ところで、遠い天王星の雲の成分をどうやって観測したのでしょう? 詳しくはリンク記事でご確認ください。   by Klaitu Ben Johhn 天王星は太陽系の内側から7番目の惑星であり、太陽系の中でも木星・土星に次いで3番目の大きさを誇っています。最も地球に近づいている時は肉眼でも確認できる天王星 情報源: 天王星はおならのような臭いがすることが明らかに

Read More

わずかなリズムの違いを聞き分ける脳のしくみを発見♪ | 日本の研究.com

音のリズムを聞き分けることは、 音楽だけでなく、コミュニケーション手段としても 大事な能力のひとつです。 それは人間だけでなく、様々な動物でも、 あるいはショウジョウバエでも。 ショウジョウバエは、ヒトと同様に 音のリズムのわずかな違いを聞き分けることができる、 ヒトと共通した脳内メカニズムを備えているのだそう。 名古屋大学大学院理学研究科付属の ニューロサイエンス研究センターの研究チームは、 ショウジョウバエが音のリズムを識別するための 脳内メカニズムを新たに発見したそうです。 ショウジョウバエの様々な神経細胞が 羽を震わせて奏でる「求愛歌」の情報を受け取り、 段階的に神経回路で処理しているそうで、 この一連の神経回路は「歌伝達経路」と 呼ばれているそうです。 今回の研究では、この「歌伝達経路」が リズムを識別する情報処理の最初の過程を 明らかにしようしたもの。 その研究からわかったこととは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 ショウジョウバエが特定のリズムの求愛歌を使って、 同種のメスに愛を語りかけ、 メスも奏でる音のリズムを聞き分けて、 相手を選ぶとは驚きです。   情報源: 【プレスリリース】わずかなリズムの違いを聞き分ける脳のしくみを発見♪ | 日本の研究.com

Read More

仲のいい友だちは好みだけでなく脳のパターンまで一致している、脳スキャンから友人か否かを判別することも可能|GIGAZINE

人は無意識のうちに自分と似た人と仲良くなることが 多いのだそうです。面白いですね。 また、近しい友人同士は遺伝子的にも 似ていることがわかっているそうです。 今回ご紹介する研究は、遺伝子的に似ているということに加え、 「脳のパターンの一致を見るだけで友人かどうかを 判断できるほどに、友人同士の脳は似ている」 ということが示されたというもの。 カリフォルニア大学のキャロライン・パーキンソン教授らが 行った新しい研究では、近しい友人関係にある2人の脳は、 極めて似た反応を示すことがわかったそうです。 いくつかのショートビデオを見た時の友人同士の脳は どのような反応を見せ、脳スキャンの画像は どのような結果となったでしょうか。 詳しくはリンク記事でご確認ください。 似ているから引き寄せ会って仲良くなるのか、 それとも仲良くなってからより似てきたのか。 興味深い研究です。 by Sharon McCutcheon 人は無意識のうちに自分と似た人と仲良くなることが多く、近しい友人同士は遺伝子的にも似ていることが判明しています。それに加え、新たな研究で「脳のパターンの一 情報源: 仲のいい友だちは好みだけでなく脳のパターンまで一致している、脳スキャンから友人か否かを判別することも可能

Read More

肥満が原因で発症する変形性関節症は体重増加ではなく高脂肪の食事が原因|GIGAZINE

変形性関節症は、日本でも罹患している方が多い症状です。 関節に違和感や痛みを感じる病気のため、 活動を控えるようになることが多くなってしまいます。 この変形性関節症を引き起こしているのは、 体重増加などで関節への負荷が高くなるからだと 言われてきましたが、今回のご紹介する研究を見ると、 どうもそうではない原因もありそうです。 ロチェスター大学のエリック・スコット氏らの研究チームは、 変形性関節症を引き起こしているのは、 体重の増加ではなく、高脂肪の食事をしたときに 蓄積される不健全な腸内細菌が原因であることを 示す結果を発表しています。 マウスの実験でわかったこととは? そこでわかったことが人間にも応用できるかどうかは これからの研究となるようです。 詳しくはリンク記事でご確認ください。 いずれにしても、高脂肪の食事を続けることは、 体への負担が増えるので気をつけたいところです。   変形性関節症はイギリスで約800万人、アメリカで約3100万人が罹患(りかん)している病気です。また、変形性関節症は肥満によって引き起こされる可能性が高いことがわかっており、これまでは、体重の増加 情報源: 肥満が原因で発症する変形性関節症は体重増加ではなく高脂肪の食事が原因

Read More

人気ソーシャルメディアの若者のメンタルヘルスへの影響調査、最高なのはYouTubeで最悪なのはInstagram|GIGAZINE

SNSを利用しているのは、大人だけでなく、 むしろ若者の間でこそ、スマートフォンで扱える 簡便なコミュニケーションツールとして 頻繁に利用されています。 ただ、これまでもソーシャルメディアの影響が ニュースなどで取り上げられることも多いのも 気になるところです。 今回ご紹介する記事は、イギリスの Royal Society for Public Health(RSPH)が 若者のメンタルヘルス(精神的な健康)に与える ソーシャルメディアの影響を調査した結果です。 今回の調査で調べたソーシャルメディアは、 ・Facebook ・Twitter ・YouTube ・Instagram ・Snapchat 調査対象者は、イギリス在住の 14歳から24歳の若者1479人。 アンケートの内容は、 睡眠や不安、孤独感、共感などの15項目に対して、 肯定的か否定的かを調査したそう。 その結果はSNSの特徴を反映したものとなっています。 詳しくはリンク記事でご確認ください。 若者のメンタルヘルス(精神的な健康)に与えるソーシャルメディアの影響を調べるために、イギリスのRoyal Society for Public Health(RSPH)が若者に人気のソーシャルメデ 情報源: 人気ソーシャルメディアの若者のメンタルヘルスへの影響調査、最高なのはYouTubeで最悪なのはInstagram

Read More